AGAに効果あり!?ミノキシジルとプロペシアの特徴まとめ

MENU

CLOSE

AGAに効果あり!?ミノキシジルとプロペシアの特徴まとめ

ミノキシジルの効果と副作用

eeb9606cf8616810dd833c4507a76bb4_s

ミノキシジルの特徴と効果

AGAの代表的な治療薬であるミノキシジルは元々、高血圧の治療に使われていたのですが、その薬を飲んでいる人に発毛・育毛効果が確認された事から薄毛に効く成分として注目されるようになりました。髪の毛の元になる毛母細胞に十分な酸素と栄養を届ける為には血行が良くないといけません。

栄養や酸素は頭皮の血管を伝って運び込まれるので血行が良くないと栄養不足になってしまい、細くて抜けやすい髪の毛しか育たなくなってしまうのです。ミノキシジルには血管を広げる作用がある為、頭皮の血流が良くなり毛母細胞への栄養供給がスムーズに行われるようになります。

更にミノキシジルは毛母細胞の働きを活発にする働きもあると言われています。毛母細胞の働きが活発になれば新しい髪の毛がきちんと育つようになり薄毛解消に繋がるとされているのです。主に使われているのは頭皮に塗るタイプで育毛剤の成分としてもよく使われています。

近年では内服薬としてもミノキシジルを主成分とした薬が使われるようになり、AGA専門のクリニック等で処方されています。ミノキシジルを使った治療の費用については、病院やクリニックにより差はありますが1ヶ月2万5千〜3万円程度となっています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは頭皮に塗るタイプの場合、かゆみや湿疹といった副作用がでる場合があり体質や体調によって症状が現れる事もあるので注意が必要です。人によっては低血圧や冷え性といった副作用がでる場合があります。

低血圧になると血液を送り出す力が弱くなってしまうので心肺機能が低下してしまい、動悸や息切れと言った症状が現れる事もあります。内服薬を使用した場合、髪の毛だけでなく全身の毛が濃くなってしまう事もある為、何か体に異変を感じたらすぐに病院やクリニックへ相談するようにしましょう。

プロペシアの効果と副作用

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_s

プロペシアの特徴と効果

髪の毛の成長を妨げる原因となる強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びついて生成されます。5αリダクターゼには㈵型と㈼型が存在しており、㈵型は体中に存在しているのに対し㈼型は前立腺や頭部などの限られた場所にしか存在していないと言われています。

プロペシアは㈼型の5αリダクターゼのみ抑制する効果を持っています。㈼型の5αリダクターゼを抑制できればジヒドロテストステロンが作り出される量が減り、薄毛の改善に効果が期待できるというわけです。プロペシアを使った治療の費用は1ヶ月1万〜2万円が相場と言われています。

プロペシアの副作用

プロペシアを服用してから1ヶ月前後で起こりやすい副作用に初期脱毛というものがあります。髪の毛には一定のサイクルがあるのですが、AGAになってしまうと髪の毛のサイクルが乱れ通常ならば抜ける時期ではないのに髪の毛が退行期に入り抜けてしまう事があります。

プロペシアを服用すると髪の毛のサイクルにも変化が生じる事があり、その影響で一時的に髪の毛が抜けやすくなるという副作用が現れる場合があります。こうした初期脱毛は一定期間が過ぎると治る事がほとんどなので、驚いて中断せずに服用を継続する事が大切です。プロペシアには性欲減退といった男性機能に影響を及ぼす副作用も報告されています。

実際にそうした副作用が現れたという報告はあるのですが、どのように影響を及ぼしているのかといったメカニズムは解明されていないのが現状です。ただ性欲減退や男性機能への影響といった副作用は認知度が高い為、そうなってしまったらどうしようという不安やストレスが原因ではないかという一説もあります。

またプロペシアは男性用のAGA治療薬なので女性に処方される事はありませんが、触っただけでも皮膚から吸収してしまうので注意が必要です。もし妊娠中の女性がプロペシアに触れてしまうと、体内に男児がいる場合は生殖器に異常が出る可能性もある為、女性に触れられないように配慮する事も大切です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧