薄毛は治療できるの?そんな時はAGA専門外来へ!

MENU

CLOSE

薄毛は治療できるの?そんな時はAGA専門外来へ!

薄毛の原因は男性ホルモンに

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

AGA男性型脱毛症は額の生え際や頭頂部から薄毛が始まります。 このAGAは男性ホルモンに原因があると考えられています。 いくつかある男性ホルモンのうち95%を占めるのがテストステロンです。 テストステロンは精巣で作られ、特に思春期の頃から分泌が活発になり、男性らしい体格が形成されていきます。

成人になっても性欲や性機能の維持などに役立っています。 テストステロンは外観だけじゃなく内面的な男性らしさにも大きく関わっています。 テストステロンは個人差があるものの、10代後半から20代の頃にピークを迎え、その後は年齢とともに少しずつ分泌量が減っていきます。

不可欠な男性ホルモンではあるものの、還元酵素と結びつくと薄毛を引き起こすと言う有難くない作用があるのです。 早い男性ではテストステロンの分泌が活発になる思春期以降から薄毛が始まる事があります。 若い頃から薄毛が始まるほど悩みも大きくなります。 そんな男性ホルモンに原因がある薄毛でも治療する事が可能です。

AGA専門外来へ

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

病院には外来と言う用語があります。 外来とは外から通ってくる患者の事、またはその患者を診断し治療を行う場所の事を言います。 入院患者は病棟、外来患者は外来と分けている病院が多くなっています。 さらに外来には専門外来と言う用語もあります。 専門外来では特定の病気や症状に対して専門的な治療を行うと言う特徴があります。

AGA専門外来ではAGAの患者に対してAGA専門の医師が診断し治療を行います。 基本的には医師はどの診療を行っても構わないです。 実際には内科や外科、循環器科、呼吸器科、神経内科、脳神経外科、泌尿器科など様々な診療科目に分かれています。 医師が様々な治療を診ている場合、どの病気が専門なのか分かり難いです。

AGA専門外来ならそれが分かり易いと言うのがメリットの一つです。 AGA治療は一度の来院で完治する事は無いです。 AGA治療薬の処方は1か月単位となっており、1か月に1度は来院する事が必要です。 AGA専門外来のクリニックが遠方だと通うのが大変です。 自宅の近く、または通勤に利用している駅の近くにあるクリニックのAGA専門外来なら通いやすいです。

各種検査を行うAGA専門外来

AGA専門外来では血液検査やAGAリスク遺伝子検査や、ミネラル検査など各種検査を行っています。 血液検査では血液を採取し、健康状態を調べています。 薄毛の原因がAGAなのかどうか、他の病気が隠れていないかが分かります。 AGA治療薬には副作用があり、稀に肝機能障害と言った症状が出る事がありました。

血液検査を定期的に行う事で、AGA治療薬の服用中に身体に異常が出ていないか調べる事が可能です。 AGAリスク遺伝子検査では額の生え際や頭頂部の髪の毛を採取し、遺伝子を調べています。 この検査により将来AGAを発症するリスクが分かります。 その他にもAGAを発症しやすい遺伝を受け継いでいるか、どのAGA治療薬の効果が出やすいかも分かります。

ミネラル検査ではミネラルのバランスを調べています。 食生活や生活習慣が乱れると薄毛になり易いです。 ミネラルバランスを調べる事で不足しているミネラルの種類、過剰なミネラルの種類が分かります。 この検査結果をもとに食生活や生活習慣のアドバイスを行います。 AGA専門外来では食生活や生活習慣からも育毛を目指す事ができるのです。

AGA専門外来の治療費用は自己負担

病院で治療を受けると病気によっては保険が使えるため、治療費の負担が大幅に低くなる事がありました。 しかしAGAの場合は保険は使えないです。 AGA専門外来で掛かった治療費用は全て自己負担となります。 特にAGAは命に関わる重大な病気ではないため保険が使えないのです。 高額な医療費が掛かった場合、医療費控除で一部支払した医療費が戻ってきます。

しかし基本的にはAGA治療の場合、医療費控除が受けられないです。 病気などの影響で脱毛し、AGA治療を受ける事が必要になったなど事情によっては医療費控除が受けられる事があります。 1年間で10万円以上の医療費が掛かった場合はAGA治療だからダメだろうと最初から諦めずに税務署で相談してみて下さい。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧