ハゲる原因とは!?代表的な薄毛原因と治療方法を解説

MENU

CLOSE

ハゲる原因とは!?代表的な薄毛原因と治療方法を解説

薄毛の原因について

8c770856026faacaf68e7c25100e4f96_s

AGA(Androgenetic Alopecia)

薄毛原因の9割を占めるといわれる症状が「AGA(Androgenetic Alopecia)」です。成人男性に多く見られる症状であるため「男性型脱毛症」とも呼ばれており、日本の成人男性(20〜69歳)のおよそ3人に1人がAGAを抱えているといわれます。

その発症原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が関わっており、主に男性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降に発症する症状なので、十代で発症する場合もあります。AGAは一度でも発症すると治療を行なうまで自然に治ることがなく、頭頂部や生え際の薄毛や抜け毛が進行し続けます。

ストレス

強いストレスを感じると交感神経が乱れて血管が収縮します。その影響で頭皮の血行が悪化すると、髪の毛が正常な成長を遂げるために必要な栄養分や酸素などが毛根まで充分に届けられず、髪の毛が栄養不足の状態に陥ります。

その結果、細くて弱々しい髪の毛が増加することが薄毛や抜け毛に繋がります。また、ストレスが原因で10円玉程度の範囲で脱毛が起こる「円形脱毛症」を発症する場合もあります。

高脂肪食

高脂肪の食事を摂ると頭皮での皮脂分泌量が増加する場合があります。その影響で皮脂が毛穴に詰まったり、酸化した皮脂が頭皮の炎症を引き起こすことが薄毛や抜け毛を引き起こす場合があります。また、高脂肪食を摂ることで血液中の中性脂肪やコレステロールが増加して血液がドロドロの状態になり、頭皮の血行が悪化することも薄毛や抜け毛の原因に繋がります。

安価なシャンプー

一般の家庭で使用されている市販の安いシャンプーには石油系界面活性剤が使用されています。泡立ちが良いため使い心地が優れており、低コストで強力な洗浄力を発揮するため多くの製品に使用されています。しかし、強すぎる洗浄力が頭皮のバリア機能を破壊することで頭皮環境が悪化して、薄毛や抜け毛に繋がる場合があります。

喫煙

タバコの煙に含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があるため、頭皮の血行状態が悪化することで髪の毛が栄養不足の状態に陥ることが薄毛や抜け毛の原因になる場合があります。

薄毛の治療方法

15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

AGA治療薬

薄毛や抜け毛の原因がAGAの場合は、AGA治療を行なわないかぎりは症状の進行を止めることが出来ません。そして、AGA治療薬に含まれている主な成分がフィナステリドとミノキシジルです。

フィナステリドはAGAを発症させる原因であるDHTの生成を阻害することで症状の進行を抑制する効果を持ちます。そしてミノキシジルは頭皮の血管や毛母細胞を増やすことで脱毛した頭皮の発毛を促す効果を持っています。

一般的にはこれらの治療成分を内服薬で使用しますが、注射針を使用して治療成分を直接頭皮に注入する育毛メソセラピーという治療方法もあります。施術に必要な費用は高いですが、内服薬を使用する場合よりも副作用を発症するリスクが少なく、治療効果が高いというメリットがあります。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは販売価格の相場が数千円と、一般的に使用されているシャンプーと較べて非常に効果です。しかし、育毛シャンプーの多くが使用しているアミノ酸系の界面活性剤は、頭皮に必要な皮脂を残した上で頭皮環境を清潔に保つ効果を持っています。

さらに頭皮や髪の毛に良い影響を与える様々な成分が含まれているため、頭皮環境の悪化が原因で薄毛や抜け毛の症状が現れている場合に、症状を改善する効果を得ることが出来ます。

自毛植毛

自毛植毛は、後頭部や側頭部などの薄毛や抜け毛の症状が現れにくい場所に生えている髪の毛を薄毛や抜け毛が進行している場所へ移植する治療方法です。

自分の髪の毛を植えるため通常の植毛よりも植えた髪の毛が頭皮に定着しやすく、植毛のように治療を終えた後に病院やクリニックなどへ通院して、メンテナンスを行なう必要はありません。しかし治療を行なうには非常に高額な費用が必要で、その金額は脱毛が進んだ範囲が広いほど高額になります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧