育毛剤とカツラと自毛植毛を徹底比較!選ぶ際の参考に!

MENU

CLOSE

育毛剤とカツラと自毛植毛を徹底比較!選ぶ際の参考に!

効き目で比較

b564ef9cc01aa2a3979d9acdfa0a4dfc_s

育毛剤は血流を改善する作用を持つ成分、AGAの原因となるDHTを抑制する作用を持つ成分、過剰な皮脂分泌を抑える作用を持つ成分など様々な成分を配合しています。 しかし効き目の出方は個人差が大きく、満足できる効き目が出る事があっても、人によっては発毛せずに現状維持のままだったり、全く効き目が出ない事がありました。

効き目が出ても数か月は掛かる事が多いです。 人工毛を使用するカツラではすぐに薄毛を隠す事が可能です。 育毛剤のように効き目が本当に出るのか気にしなくて済みます。 自毛植毛では人工毛では無く自毛を植毛しているため、生え変わりが進みます。

そのため毛根が衰えるまで効果が持続すると言う特徴があります。 カツラと同じように育毛剤の効果が出るかどうか気にしなくて済みます。 日帰り手術も可能、毛周期により髪の毛が生えてくればすぐに効果を実感する事が可能です。

仕上がりで比較

育毛剤は自毛の育毛発毛を狙っているため仕上がりが自然になります。 その代わりに満足できるまで育毛発毛できると言う保証は無いです。 カツラでは人工毛のため量やデザインなど自由度が高くなっています。 その代わりにカツラでは生え際を自然に見せるのが難しくなっています。

素材によっては不自然になり易いため注意が必要です。 自毛植毛は医師が手作業で一つ一つ丁寧に植毛しているために自然な仕上がりとなります。 カツラのような人工毛では無いため、生え際も自然になり易いです。

手入れで比較

育毛剤を使用する前にシャンプーし、頭皮の汚れや皮脂を洗い流して下さい。 育毛剤の効き目が出てきても、使用を中止するとまたAGAの症状が進み始めてしまいます。 その後も継続使用が必要となり、根本的な解決とはならないです。

人工毛であるカツラでは日頃の手入れを怠ると寿命が短くなってしまいます。 修理が可能ではあるものの、3年から5年を目安に買い替えする事が必要です。 自毛の生え変わりが進む自毛植毛では普段通りシャンプーを使用し、髪の毛や頭皮を清潔に保つだけと簡単です。 髪の毛が伸びてきたら理容室や美容室でカットして貰う事が可能です。

費用で比較

育毛剤は数千円のものから1万円以上のものまで様々です。 5千円から1万円前後の価格帯の育毛剤はコストパフォーマンスに優れています。 その代わりに効き目を持続させるには購入し続ける事が必要です。 カツラは既製品なら1万円くらいのものがあります。 フルオーダーメイドのカツラになると10万円から高いものだと100万円以上もの価格になります。

安すぎず高すぎずコストパフォーマンスの良いものを選びたいところです。 しかし修理代や買い替え費用などが掛かるため、予め計算に入れる事が必要です。 自毛植毛はAGAクリニックにて1回2回手術を受ければその後の治療費用は掛からないです。 その代わりに広範囲に植毛した場合は100万円以上掛かってしまいます。

副作用で比較

育毛剤は自然由来の成分を配合しているため、薄毛治療のような副作用は殆ど無いです。 しかし過剰に使用すると何らかの異常が出る恐れがあります。 パッケージに記載してある使用方法はきちんと守って下さい。 カツラは頭皮が蒸れるくらいで気になる副作用は無いです。 しかし接着剤で頭皮に張り付けるタイプのカツラは頭皮が荒れる事があります。

自毛植毛では手術を行う関係上、痛みや出血を伴います。 麻酔を行うため吐き気と言った副作用も出る事があります。 縫い合わせた箇所にかゆみが生じたり、人によってはツッパリ感が出る事があります。 その他にもショックロスにより一時的に植毛した髪の毛が抜ける症状が出る事があります。

比較結果を参考に

b6a0a8a7486681d90a72d238d890315a_s

育毛剤とカツラと自毛植毛ではこのようにいろいろな違いがあります。 AGA男性型脱毛症による症状が出始めた時、どの対策を選んで良いのか分かり難い事がありました。 そんな時はこの比較を参考にしながら、良いと感じたものを選んでみて下さい。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧