意外な行為が原因に?AGA・男性型脱毛症発症の3つの要因とは

MENU

CLOSE

意外な行為が原因に?AGA・男性型脱毛症発症の3つの要因とは

男性特有の脱毛症状「AGA」とは

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

30代以降の男性を中心に、一定年齢を超えた段階で、主に頭髪を中心に抜け毛や薄毛などの症状を発症する人が多い反面、具体的な病状としては認知されてこず、あくまでも年齢による自然現象の一種として見なされてきた風潮がありました。

ところが、医療技術の発達や各種研究の成果により、特に一定年齢を超えた男性を中心に頻発する抜け毛や薄毛などの症状の原因として、男性ホルモンの過剰な分泌と受容体との結合による病状の一種であることが判明しました。

以後はこの症状をAGA、男性型脱毛症と名付けられ今日に至っており、皮膚科やAGA専門診療科など医療機関を通じた医療行為と治療を受けられる大賞と見なされています。また、あくまでも男性ホルモンに由来する症状であることから、一般的な抜け毛や薄毛に対する対策はあまり効果が見られず、専門のクリニックや医療機関を通じた適切な治療や対策を行う必要があります。

民間療法の中には、高額な費用が掛かってしまうような対策法も数多く提供されていますが、いずれもAGAという症状に対しては、あまり効果が実感できていないのが実状。クリニックによる専門的な治療と診察が求めれます。

AGAを引き起こす3つの原因

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s

では、なぜAGAという症状は男性に特化した形で発生してしまうのでしょうか?そこには、大きく分けて

  • 遺伝による伝播
  • 仕事や日常生活からのストレス
  • 生活習慣による体質の悪化

これら3つの要因があることが判明しています。この3つの要因のうち、AGA症状を発症した方の中で最も多い要因と位置づけられているのが、遺伝による伝播です。遺伝とは、出産によって親から子が誕生する過程で作られる生物の性質を限定づける情報とそれを伝播する現象のことで、遺伝子と呼ばれる細胞内に存在する構造によってもたらされています。

代々、先祖から子孫に渡って絶え間なく伝えられているこの遺伝とその情報には、血縁関係にだけ伝えられる特定の情報が数多く記載されており、この中に、薄毛や抜け毛などの症状を引き起こす因子をもった血縁者が存在することにより、遺伝情報を通じた伝達が行われ、AGAという症状を引き起こす要因となります。

遺伝に次ぐAGA発症の要因となるのが、日常生活によるストレスです。現代人は、常に様々な要素を通じてストレスを抱えていると言われています。仕事だけでなくプライベートでも圧迫感や緊張感からストレスを感じている方は少なくなく、このストレスという要因は、身体や心に対して様々な影響を与え、その中の1つに当たるのが、AGAという症状です。

ストレスによって過剰な緊張感がもたらされ、本来であれば健全な形で行われるはずであった発毛や育毛などの代謝が阻害されてしまい、結果として毛髪が満足な形で生えないばかりか、既に生えている毛髪さえ抜け落ちてしまう危険性があります。

極度の緊張感や圧迫感を感じるほどにAGAの症状が顕著に現れてしまうため、常にストレスを溜めない生活や、ストレス自体を発現させないような生活リズムを取ることが求められます。最後に、AGAを引き起こす危険性がある3つ目の要因と言われているのが、日々の生活習慣です。

中でも、食事や睡眠という2つの要素は、AGAを引き起こす可能性がある大きな要因と言われており、この2つのうちのどちらか、或いは両方で不摂生を行っていると、たとえ血縁親族にAGA症状を発現した人がいなかったとしても、ご自身が最初のAGA発現者となってしまう恐れもあるほど。

特に、食生活は重要なウェイトを占めており、欧米型の食事が中心となり野菜や良質なタンパク質などの栄養素が欠如したままの食事を続けてしまうことで、皮脂の分泌が過剰に行われたり、毛母細胞の働きをサポートするビタミンの欠乏が怒ったり、或いは過剰な脂質と糖質の摂取による血液のドロドロ化を通じた血流の阻害によって、育毛を司る細胞への健全な酸素と栄養の供給が滞り、薄毛や抜け毛などの副作用をもたらす危険性も。

特に、忙しい現代人ほどこれがAGA最大の原因になっているとも言われており、該当する方は特に注意が必要がです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧