育毛に役立つ栄養は?食事から健康な髪を育てよう!

MENU

CLOSE

育毛に役立つ栄養は?食事から健康な髪を育てよう!

元気な髪の毛を育てるために必要な栄養とは

ca3620cc66ad58007d686da3eb9ccfe5_s

動物性と植物性の良質なたんぱく質を取ろう

そもそも髪の毛というのはアミノ酸が結合してできているたんぱく質の一種、ケラチンで形成されています。そのため、食事からの育毛を考えたときには、髪の毛作りに必要となる栄養の中でも良質のたんぱく質を摂ることが必須条件です。

いくらAGA対策に費用をかけてクリニックで治療を行っていても、新たな髪の毛を作るために必要となる栄養が偏っていたり不足してしまっていては薄毛を解消することができません。

薄毛が気になり始めたら普段から食べるものを考えて育毛に励むことが大切ですし、薬による治療のように高い効果こそ期待できないものの、副作用の心配がないために日常的な栄養摂取は非常に重要なものなのになります。

動物性たんぱく質

  • 肉類
  • 牛乳などの乳製品
  • 卵など

植物性たんぱく質

  • 大豆製品
  • アーモンド
  • ゴマなど

ただしたんぱく質ばかりを食べればいいというものではなく、体内で効率よく合成をしてケラチンを作れるように、ミネラルやビタミンなどの栄養も含めてバランスよく摂取していくことが大切になります。なお、動物性のものは脂質が高いものも多く、皮脂分泌過多となり毛穴詰まりの原因となりますので摂りすぎには気をつけてください。

ホルモンバランスを整える嬉しい効果もある大豆

AGAの発症原因となるのが、男性ホルモンが脱毛指令を出すジヒドロテストステロンへと変性してしまうことです。男性ホルモンそのものが薄毛の要因となるわけではありませんが、過剰に分泌されることを防ぐことができればそれだけジヒドロテストステロンの発生リスクを下げることができます。

その役に立つのが女性ホルモンであり、女性が男性よりも薄毛になりにくいのがこのためです。良質な植物性たんぱく質を含む大豆には、女性ホルモンと似た働きをする栄養が含まれています。摂取することでホルモンバランスの調整も同時にでき、育毛と薄毛予防の効果を期待することができるため、AGA治療中は積極的に取り入れていくのがおすすめです。

ビタミンやミネラル分も積極的に摂取しよう

14da3ec5f5242656a3d402cbfc7d858c_s

たんぱく質の効果を高めるビタミン

体内に取り入れたたんぱく質を髪の毛にするために分解や合成を行う際には、その手助けをするビタミンが不可欠になります。食事から比較的取り入れやすい栄養なので、各種ビタミンをバランスよく摂取するようにしてください。

  • ビタミンA

髪の毛や頭皮の健康維持に欠かせない栄養素で、熱に弱い性質のためになるべく生の状態で食べることが望ましく、加熱をする場合には脂溶性であることから炒めて摂取することがすすめられます。ニンジンやかぼちゃ、ブロッコリーやほうれん草などが豊富です。

  • ビタミンB群

アミノ酸の代謝に必要となるもので、血液を生成するためにも使われます。カツオやアジ、サバなどの青魚に多く含まれており、これらの食材は高たんぱくでもあることから薄毛対策には積極的に取り入れていきましょう。

  • ビタミンD

髪の毛の生成に縁の深いカルシウムの吸収率を高めるビタミンで、健康的で黒々とした髪の毛を育てるのに役に立ちます。やはり青魚に多く含まれており、イワシやサンマなど食卓に上りやすい食材に豊富なので積極的に食べてください。

脱毛を防ぐ亜鉛を中心としたミネラル

ミネラルの中でも特に亜鉛は、ジヒドロテストステロンによる脱毛を抑制する効果があるとされています。育毛に励みつつ、抜けにくい髪の毛を作るために欠かせません。

たんぱく質やビタミンの吸収率を向上させる働きもあるため、多く含まれている牡蠣、乳製品、緑茶や卵黄などを食べるようにしてください。不足を感じるようであればサプリメントで補助することもおすすめです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧