薄毛治療にも色々!自毛植毛とAGA治療のメリット・デメリット比較

MENU

CLOSE

薄毛治療にも色々!自毛植毛とAGA治療のメリット・デメリット比較

自毛植毛のメリットとAGA治療を比較

9599f654181485e4e430c394bb30e7c8_s

治療を続ける期間で比較

フィナステリドと言う医薬品を使用するAGA治療では脱毛の予防には効果的です。 しかし使用を中止するとまた男性ホルモンによる薄毛が始まってしまいます。 現状維持するためには長々と使用を続けないといけないと言うデメリットがあるのです。

自毛植毛は自分の髪の毛を採取し、薄い部分に移植しています。 移植した後の髪の毛は毛周期により生え変わりが進むと言うメリットがあります。 そのため長々と治療を続けなくて済むと言うのが大きいです。

副作用で比較

フィナステリドには性欲減退や勃起不全、精液量減少など様々な副作用があります。 稀に肝機能障害と言った副作用が出る事があります。 人によって副作用が出やすい体質、出にくい体質と分かれます。 出やすい体質の人はフィナステリドによるAGA治療を受けるのが難しいです。 さらにフィナステリドは効果が出るまで最低でも3か月は掛かります。

効果が出た後でも使用を続ける事が必要なため、長期間にわたって副作用のリスクが付きまといます。 自毛植毛は医薬品によるAGA治療では無いため、フィナステリドのような副作用の心配が無いと言うメリットがあります。 副作用が出やすい体質の人でも自毛植毛なら受ける事が可能です。

効果で比較

フィナステリドの効果は全ての人に出るわけでは無いです。 効果が出ない人が続けて使用しても薄毛の進行はストップしないです。 自毛植毛では移植できる髪の毛があれば殆どの人で効果を実感できると言うメリットがあります。 移植した髪の毛がAGAによって脱落してしまうと言う心配も殆ど無いです。

自毛植毛のデメリットとAGA治療を比較

0851d07ca105541de11523aab327d572_s

手術の有無で比較

フィナステリドやミノキシジルなど医薬品を使用するAGA治療では手術は不要です。 内服薬なら口から飲むだけ、外用薬なら頭皮に塗るだけのため手軽に育毛できます。 傷跡が残る心配もなく手術には抵抗がある人でも大丈夫です。 自毛植毛では手術を受ける事が必要です。

後頭部にメスを入れるために傷跡が残る事があります。 その代わりに切らない自毛植毛と言う選択肢があり、傷跡や手術が心配な人は此方が安心です。 その他にも自毛植毛では採取できる髪の毛に限りがあると言うデメリットがあります。 頭部の髪の毛を再配分する形となっており、髪の毛の総量が増えるわけでは無いです。

フィナステリドやミノキシジルを併用するAGA治療では脱毛の予防と発毛の促進の両方が期待できます。 発毛の促進が進めば進むほど、減った髪の毛が増えると言うメリットがあるのです。

医師の技量で比較

医薬品を使用するAGA治療はそれ程高い医師の技量は要求されないです。 それ程クリニック選びに神経質にならずに済みます。 しかし自毛植毛は医師の技量が低いと髪の毛を採取する際に毛根に傷を付けてしまう事があります。 毛根に傷が付くと髪の毛の定着率が悪くなってしまうと言うデメリットがあるのです。

限られた髪の毛がさらに少なくなる恐れがあるため、クリニック選びは慎重に行う事が必要です。 近頃では植毛ロボットによる自毛植毛を提供するクリニックが登場してきました。 髪の毛の採取はロボットが正確に行い、移植する時は医師が担当しているために定着率が良いです。

費用で比較

フィナステリドを使用するAGA治療では1か月あたり7500円から1万8千円くらいの費用が掛かります。 自毛植毛では500グラフトで50万円、1000グラフトで90万円、1500グラフトで120万円くらいと高額になるデメリットがあります。

その代わりに自毛植毛は最初に大きな費用が掛かっていもその後は殆ど掛からないです。 1か月あたり7500円のAGA治療を10年続けた場合は1年で9万円、10年で90万円掛かる計算です。 1000グラフトの自毛植毛と殆ど変らない費用となります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧