術後の抵抗感が少ない!刈り上げない自毛植毛について解説!

MENU

CLOSE

術後の抵抗感が少ない!刈り上げない自毛植毛について解説!

メリットの多い自毛植毛

55003dd5dbe4e46514ab93e0397b23b1_s

AGAクリニックで提供している自毛植毛では後頭部の髪の毛を毛根ごと採取し、薄くなった額の生え際や頭頂部に移植しています。 手術を受ける事が必要なものの、最近では技術の進歩により日帰りが可能となりました。 自毛植毛は育毛剤やAGA治療薬の効果が出なくても、移植できる髪の毛があれば薄毛の改善が可能と言う点が大きな魅力です。

痛みや出血、かゆみ、ショックロスなどの副作用の恐れがあるものの、重大な副作用の心配はあまり無いです。 さらに移植した髪の毛はAGAにより脱毛する事無く、今までの髪の毛のように生え変わりが進んでいきます。 一生治療を受け続けなくて良いのです。

刈り上げが必要だと抵抗感が

一般的な自毛植毛の手術では後頭部を刈り上げる事が必要です。 それは髪の毛があると採取する際に邪魔になるからです。 刈り上げ後、髪型が変わってしまうために抵抗を感じ易いと言うデメリットがありました。 医療用ウィッグの装着は可能ではあるものの、髪の毛が伸びてくるまで装着しないといけないです。

刈り上げない自毛植毛がある

801856acc82dbe6c85f5af79d30273f6_s

刈り上げに抵抗を感じる方に魅力的なのが刈り上げない自毛植毛です。 刈り上げない自毛植毛は後頭部を刈り上げずに髪の毛を採取しています。 術後に刈り上げた部分が目立ったり、髪型が変わると言う心配が殆ど無いです。 その代わりに医師が移植に適した髪の毛を見極めて、1本1本採取する事が必要です。

そのため一般的な自毛植毛の手術より時間がかかると言うデメリットがあります。 植毛ロボットが行う自毛植毛では1時間当たり500株から600株ほどの採取が可能と言われています。 経験豊富で技術力の高い医師なら1時間当たり1000株以上も採取が可能、採取時間が短く移植した髪の毛の定着率も良くなっています。

傷跡が目立たない

一般的な自毛植毛の手術では後頭部にメスを入れるため傷跡が残る事がありました。 刈り上げない自毛植毛では極細のパンチで髪の毛をくり抜いて採取しています。 傷跡が小さいため期間が経過すると自然に治っていきます。 刈り上げない事もあり傷跡が目立たないと言うメリットがあるのです。

メガセッションには向かない

薄毛の範囲が広いほど多くの髪の毛を採取し移植する事が必要です。 通常の方法だと1度の手術で十分な量の髪の毛を移植できない事がありました。 そんな時でもメガセッションと言う方法なら1度の手術で2000株から4000株ほどと大量に移植を行う事が可能です。

しかし刈り上げない自毛植毛だと前述したとおり、時間が掛かるためにメガセッションには向かないと言うデメリットがあります。 たとえメガセッションができても採取する髪の毛が多いため、採取部が薄くなってしまいます。

せっかく刈り上げずに採取したのに医療用ウィッグで隠す事が必要になったのでは刈り上げない自毛植毛のメリットが失われてしまいます。 1000株から2000株なら刈り上げない自毛植毛、それ以上の場合は刈り上げる通常の自毛植毛を選んだほうが良いです。

提供するAGAクリニックが少ない

その他にも刈り上げない自毛植毛を提供するAGAクリニックが少ないと言うデメリットもあります。 技術力に自信があるから導入すると言ったケースが多く、提供するAGAクリニックさえ近くにあれば安心して受けられる事が多いです。

気になる治療費用は

刈り上げる通常の自毛植毛より刈り上げない自毛植毛のほうが技術力が求められる分だけ治療費用は高めです。 AGAクリニックによって治療費用が異なるものの、刈り上げる通常の自毛植毛で1株当たり1000円ほど、刈り上げない自毛植毛で1株当たり1700円ほどかかります。

その他にも基本治療費用として18万円ほどがかかります。 刈り上げない自毛植毛で1000株移植すると170万円プラス18万円の188万円はかかる計算です。 医療ローンで分割払いできるAGAクリニックなら現金一括払いができないと言う場合でも大丈夫です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧