薄毛治療薬「プロペシア」の効果効能副作用まとめ

MENU

CLOSE

薄毛治療薬「プロペシア」の効果効能副作用まとめ

プロペシアの効果・効能について

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

抜け毛の防止と育毛促進

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれている、額の生え際や頭頂部の薄毛治療に効果的といわれる治療薬です。アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で正式に認可された内服薬であり、世界60カ国以上で販売されています。

AGAの原因となっている物質がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種で、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、頭髪が細くなったり抜け落ちたりするんです。プロペシアの主成分であるフィナステリドには、DHTを生成するために使われる5α-還元酵素の働きを弱める効果があります。

抜け毛の原因物質が作られないことで、結果的に抜け毛を防止できるんです。また、プロペシアの使用によって頭髪にハリやコシが戻ったり、休止期にある毛穴から頭髪が生えてくるなどの育毛効果も期待できるんです。抜け毛の進行が初期段階であるほど高い効果が見込めるといわれています。

フィナステリドは最初からAGA治療のために開発された治療薬ではなく、当初はアメリカのメルク社によって前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されました。しかしフィナステリドを使った薬を服用していた前立腺疾患の方々から、抜け毛が減ったり頭髪が生えてきたなどの声が相次いだことで、抜け毛治療や育毛促進の効果が副作用として発見されたんです。

効果があらわれるまでの期間と費用

プロペシアは服用を続けることで体質を変えて、抜け毛を減少させて育毛促進することにより薄毛治療をする薬です。そのため、服用後すぐには効果があらわれません。数ヶ月から半年程度で効果が現れはじめて、服用期間が長いほどその効果が蓄積されることで頭髪が育っていきます。

薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTは、日々体内で生成されるものなので、プロペシアの服用を長期間続けることで抜け毛を抑えながら育毛効果を維持する必要があります。1ヶ月分のプロペシアにかかる費用は8千円程度が相場で、AGA専門のクリニックや病院などでも処方してもらえます。

しかし、AGAは美容目的の治療と判断されて医療費控除適用外なので、費用は全額負担となります。個人輸入代行業者などを利用することで安く購入することもできます。

プロペシアの主な副作用

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s

肝機能障害

薬の多くは肝臓へ負担をかけものであり、肝機能障害を起こす可能性があります。プロペシアは長期間の服用を続ける薬なので注意が必要です。肝臓は症状を自覚しにくい臓器なので、自覚がなくても症状が進行している場合があります。薬の作用による肝機能障害は、薬の服用を控えることで回復します。肝臓に違和感を感じた場合はプロペシアの服用を控えて下さい。

男性機能低下

性欲減退、勃起不全、精子減少といった、男性機能の低下の副作用が現れる場合があります。症状が現れるのは全体の2%程度といわれていますが、妊活中などの男性は注意が必要です。

倦怠感・食欲不振

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、抜け毛の原因になる男性ホルモンの生成を阻害することで抜け毛を防止して育毛を促進します。その際に、ホルモンバランスが乱れることで身体がだるい、疲れやすいなどの倦怠感や食欲不振といった症状が現れる場合があります。

うつ症状

人間の気持ちを前向にしたり活発にするなどの、抑うつ効果を持つ神経活性ステロイドと呼ばれる物質が、プロペシアの摂取により減少することで、うつ症状が現れる場合があります。

乳房肥大・乳房圧痛

プロペシアによる男性ホルモン抑制効果による影響で身体が女性化することで、乳房が肥大化したり、乳房圧痛などの症状が現れる場合があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧