間違った食事が原因でハゲる?!薄毛の原因になる食品まとめ

MENU

CLOSE

間違った食事が原因でハゲる?!薄毛の原因になる食品まとめ

髪の毛に悪影響を与える食品1【インスタント食品、スナック菓子】

0140804d6d8eea7697acbe82fc19d5d0_s

インスタント食品

カップラーメンなどのインスタント食品には多くの脂肪分や塩分が含まれています大量の脂肪分を摂取すると薄毛の原因になる頭皮の皮脂分泌量が増加します。さらに身体の血行が悪くなるため、髪の毛が健康に成長するために必要とする各種栄養分や酸素などが十分に供給されなくなり、薄毛を発症したり症状が進行する原因になります。

さらに塩分も過剰に摂取することで、体内のナトリウムや水分の増加に伴って体液も増える影響で高血圧になります。その結果、肝機能が低下して薄毛の原因である血行不良を招きます。その他にも、インスタント食品に含まれている様々な添加物が頭皮環境を悪化させるなどの薄毛原因に繋がる可能性があります。

さらにインスタント食品は加工される際に野菜などに含まれているビタミンの大半が失われている場合が多く、十分な栄養摂取が出来ません。そのため、インスタント食品で食事を済ませると髪の毛に悪影響を与える原因物質を摂取するのと同時に、髪の毛に必要な栄養分の摂取が出来ないため、髪の毛にとって非常に悪影響となります。

薄毛が気になっていたり将来の薄毛が心配だという方は、食事をする際はインスタント食品の摂取をできるだけ避けて、食べる際も脂肪分や塩分の多いラーメンのスープを残すなど気を遣うことが大切です。

スナック菓子

スナック菓子は大量の脂肪分を含んでいるため、頭皮の皮脂分泌量を増加させて薄毛を引き起こす原因になる場合があります。また、大量に含まれている塩分が薄毛の原因である血行不良を引き起こしたり、様々な食品添加物が頭皮環境の悪化などの薄毛原因を引き起こす可能性があります。さらに薄毛が気になったり予防したいという方はスナック菓子の摂取を避ける必要があります。

髪の毛に悪影響を与える食品2【お酒、スイーツ】

546efaedd497726bc4c5852fd9e9a835_s

お酒

適度のアルコール摂取は身体の血行を促進して薄毛予防の効果を発揮するため、薄毛が気になる方も禁酒する必要まではありません。しかし、大量のアルコール摂取は薄毛原因に繋がります。お酒を飲んで体内に取り込まれたアルコールは肝臓に運ばれた後に分解されます。

通常はアセトアルデヒドという毒性を持った物質に変わった後に解毒されて酢酸という無害な物質に変えられますが、飲酒量が多すぎると肝臓による解毒が追いつかずに、毒性をもったアセトアルデヒドが体内に広がります。

そして体内にある男性ホルモンの一種であるテストステロンを、薄毛原因の約9割を占めるAGA(男性型脱毛症)という症状を引き起こす原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変えてしまいます。その結果、AGAを発症したりAGAが原因の薄毛症状が進行する原因になる場合があります。

AGAは一度でも発症すると自然に治ることが無く、病院やAGAクリニックなどで治療したりしない限りは薄毛の症状が進行し続けるため、高額な治療費用がかかります。さらにAGA治療薬の使用には副作用を発症するリスクが伴います。

そしてAGAの症状が進行して毛根が死滅すると、育毛剤なども効かなくなり高額な費用が必要な植毛を行わない限り頭皮に髪の毛を生やすことができない状態になります。そのため、薄毛を予防する上でAGAはもっとも避ける必要のある症状であり、お酒の飲み過ぎが原因によるAGAの原因物質であるDHTの増加には注意する必要があります。

スイーツ

ケーキやアイスクリーム、そしてチョコレートなどのスイーツには大量の糖分が含まれています。そのため習慣的に大量のスイーツを食べていると、糖分の過剰摂取が原因で頭皮の皮脂分泌量が増加して薄毛を引き起こす原因に繋がる場合があります。

また、ビタミンBは身体が吸収したタンパク質を材料に髪の毛を作る時に利用される重要な栄養分ですが、糖分が代謝される際にビタミンBが消費されるため大量のスイーツを食べると体内でビタミンBが不足します。その結果、髪の毛の健康な成長が阻害されて薄毛の原因に繋がります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧