なぜ発毛ができないの?正しいAGA対策で発毛を実感!

MENU

CLOSE

なぜ発毛ができないの?正しいAGA対策で発毛を実感!

薄毛対策や発毛を実感できない人が多い理由

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

特効薬はない

男性の薄毛や発毛の悩みは、今に始まったことではありません。薄毛や発毛治療は昔から取り組まれており、一時は人工毛髪による移植手術によって疑似的に髪の毛を増やす手法も流行しました。

しかし、そうした方法は一時的な処置にすぎず、時期が来てしまうと移植した髪の毛は落ちてしまって、元通り頭皮の状態が悪くなってしまいます。実際に、現在に至っても最寄りのストアで販売されている育毛剤や発毛剤を高い費用で購入して利用し続けている人であっても、発毛を実感したという人はそれほど多くはありません。

これは、育毛や発毛に対する特効薬的な薬が未だに開発されていない何よりの証拠でもあります。患者の頭皮の状態によって異なる様々な症状を、一つの製品によって治療していくことは難しいのです。だからこそ、現在でも多くの人が薄毛や発毛について頭を悩ませています。

実は一部の例外がある

しかし、実は頭皮の症状に関しても症状を治療することが可能な特効薬的な薬は着々と開発が進められています。臨床試験の段階から高い効果が認められ、継続的に利用し続けると発毛を実感することができる人が増えてきたのです。

この症状は、俗にAGAと呼ばれている症状で、近年はこの症状に対する薄毛の治療対策こそが、多くの薄毛や発毛で悩みを抱えている人を救うことになるということがわかってきました。

AGA患者は1000万人!?

04030387d8020d22d5665b7923ee2210_s

必ずAGAを疑おう

男性の薄毛の症状の中でも、最も多いと考えられているのがAGAと呼ばれる脱毛症です。AGAの潜在的な患者数は日本国内だけでも1000万人以上になると考えられていて、これにかかると男性ホルモンによって生み出された物質によって発毛のサイクルが壊されてしまいます。

正常な髪の毛を成長させる働きを失うことになるので、男性ホルモンの分泌量が多い人ほど症状がどんどん悪化してしまう傾向があるのです。しかも、この症状は比較的若い段階でも症状が出てしまいますので、日ごろから頭皮のケアに気を使っている人であってもAGAの症状が出てしまうことがあります。

そして、厄介なのは脱毛作用が生じてしまうと一生この問題と向き合っていかなくてはならないことです。少なくとも、市販で手に入る製品を試しても効果を期待することはできないので、自力で対策をすることが難しいという難点があります。

必ず専門的な発毛対策を相談しよう

若い状態で薄毛の症状が進行したり、いくら対策をしても発毛が実感できないときには必ず専門的な発毛対策を相談しなくてはいけません。AGAに関しては、治療のカリキュラムが既にできあがっていて、数多くの患者が一定以上の効果を得ています。

本来、薄毛や発毛に関しては医薬品とそうではない医薬部外品のどちらかを選択して対策を行うことになります。両者の中でも、AGAを治療する際には必ず医薬品を使って治療を進めていくことになり、しかもその扱いが少し難しいという特徴があります。

  • 医薬品…副作用があり、AGAではプロペシアとミノキシジルを利用。
  • 医薬部外品…副作用がなく、サプリメントを含めた医薬品ではない製品を利用。

髪の毛に対して良い栄養分を与える医薬部外品は、確かに日常的な頭皮の汚れや疲れに対して効果があるかもしれません。しかし、AGAという専門的な治療が必要なものに対してその効果を立証することが出来ていないのもまた現実です。

AGAに対して効果があると判断されている医薬品は国内でもわずか数個しか存在せず、特に近年で主流になっているものはプロペシアとミノキシジルです。2016年にはザガーロと言う新しいAGA治療薬も提供され始めましたので、AGAの治療のカリキュラムは日進月歩で進んでいます。

ですから、薄毛や発毛で問題を解決できないときには、まずはAGAを疑って専門の治療を受けることが可能かどうかをクリニックで診察してもらうことが重要になるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧