生活習慣の改善では治らない?!AGAの症状と治療方法を解説

MENU

CLOSE

生活習慣の改善では治らない?!AGAの症状と治療方法を解説

AGAの症状について

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

AGAとは

薄毛原因でもっとも多い症状がAGA(男性型脱毛症)です。AGAを発症すると生え際がM字型に後退したり、頭頂部の薄毛や抜け毛が進行するなどの症状が現れます。AGAは薄毛原因の約9割を占めており、20〜69歳の成人男性の内、3人に1人はAGAを抱えているといわれます。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)という3つの時期が存在しており、「成長期」「退行期」「休止期」の順番に移行します。そして髪の毛が長くて丈夫な状態へと成長を遂げるのが成長期ですが、AGAを発症すると成長期が短くなり、充分な成長を遂げるまえに退行期へと移行します。その結果、やせ細った髪の毛が増えることで、薄毛や抜け毛などの症状が進行します。

早期治療が大切な理由とは

AGAは体内で増加したDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種が髪の毛のヘアサイクルを乱して正常な成長を妨げる症状です。そして、このDHTが増えやすい体質は主に遺伝で受け継ぐものであり、生活習慣を改善しても症状の進行を止めることが出来ません。

そのためAGA治療薬の使用などで治療を行なう必要がありますが、薄毛や抜け毛が進行しているほど治療に時間が必要で、治療が困難になります。そして治療が長引くことでAGA治療薬を購入したり病院やAGAクリニックへ通う期間も長くなるので、治療費用の総額が高くなるという問題もあります。

主なAGAの治療方法

3d864c1624070c6ee7f0eff728495627_s

AGA治療薬の使用

AGAの治療効果を持った成分として有名なのが「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つです。フィナステリドはAGAの症状を引き起こす原因物質であるDHTの生成に関わる「5α-還元酵素」の働きを抑えることでDHTの生成を妨げて、AGAの症状を抑制する効果を発揮します。

また、ミノキシジルは「VEGF(血管内皮増殖成分)」や「KGF(角質細胞増殖因子)」といった成長因子の分泌を促すことで髪の毛に栄養を供給する役割を持った血管や髪の毛の元になる毛母細胞を増やして、AGAを発症して薄毛や抜け毛が進行した頭皮に再び発毛させる効果を持っています。そして、AGA治療薬の使用には以下の方法があります。

  • 内服薬

病院やAGAクリニックなどで処方してもらったり、個人輸入などで手に入れた内服薬を服用する治療方法です。治療成分が内蔵を通過するため、様々な副作用を発症する可能性があります。

病院やAGAクリニックなどで処方してもらう場合は、患者の体質を考慮した上で副作用を発症しにくい濃度に抑えるなど成分を調整してもらえますが、個人輸入で入手した治療薬はそうした調整が行われていないため、副作用を発症するリスクが高まります。

  • 塗り薬

AGA治療薬を頭皮に塗布する方法です。内服薬と較べて副作用を発症する可能性が低いですが、頭皮に存在するバリア機能に妨げられて治療成分が患部まで充分に浸透しないため、治療効果が低下するという欠点があります。

  • 育毛メソセラピー

注射針を使ってAGAの治療成分を頭皮に直接注入するという治療方法です。治療成分が内蔵を通過しないことで内服薬よりも副作用を発症する可能性が少なく、注射針で頭皮の奥まで治療成分を注入出来ることで塗り薬よりも治療効果が高いという特徴があります。

しかし、育毛メソセラピーを利用してAGAの治療を行なうと、総額で数十万円以上という高額な治療費用が必要になる可能性があります。

自毛植毛

自毛植毛とは、後頭部や側頭部などの薄毛や抜け毛になりにくい部位の髪の毛を、すでに薄毛や抜け毛が進行している部位に植える治療方法です。AGAの治療薬が効かない場合でも、脱毛した部位の髪の毛を増やすことが出来ます。

そして、自分の髪の毛を使用することで通常の植毛よりも植えた髪の毛の定着率が高く、周囲の髪の毛にうまく馴染んで頭髪が自然な仕上りになります。また、通常の植毛とは違って施術が終わったあとに通院してメンテナンスを行なう必要がありません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧