普段の食生活に気をつけてAGAの予防や改善をしよう!

MENU

CLOSE

普段の食生活に気をつけてAGAの予防や改善をしよう!

AGAの気になる症状や予防に食事で対策

eca78e8d603fdd992ca56a9adcd802b4_s

薄毛と食事との関係性

AGAの発症の原因は男性ホルモンの変質が直接的なものではありますが、発症のリスクを高める一つの要因として日頃の栄養摂取が深く関係しています。健康な身体作りのためには健康的な食生活からと言われていますが、頭皮や頭髪をいい状態で保つためにも食事から取り入れる栄養が必要不可欠です。

AGAや薄毛はヘアサイクルが乱れてしまうことで抜け毛が増えたり、生えてくるはずの髪の毛の成長が遅れてしまうことで髪の量が減ってしまうことが問題です。もちろんAGAの場合には根本的な治療をして男性ホルモンが変質してしまう原因を抑制することが大切ですが、薬に頼るだけではなく育毛のための養分を摂ることも必要になります。

治療の効果をより高めていくこともできますので、日頃から食生活に気をつけて発毛と脱毛予防に役立つ栄養をバランスよく摂取し、頭髪にいい影響を与えていく取り組みをしていくのがおすすめです。クリニックで費用をかけて行う治療とは異なり、副作用の心配もない安全な育毛方法ともいえます。

AGAの対策におすすめしたい栄養素や効果ついて

食事内容を見直していくことで薄毛の改善に繋がるのであれば、どういった食材が適しているのかを知っておく必要があります。

  • 皮脂量をコントロールする
  • 髪と頭皮に潤いを与える
  • 毛母細胞の活動を活性化させる
  • 頭皮の血行を促進させる

一口に食事で薄毛対策をするといっても、食材によって期待できる効果はさまざまです。たとえば髪の毛の元となるケラチンはたんぱく質からできていますので、その材料となるたんぱく質の摂取も大切になります。動植物性のものをバランスよく摂取することが大切です。

また、ビタミン類は頭皮環境を整えるのに必要ですから、摂取したたんぱく質が髪の毛作りに上手く機能できるように、血行の促進や皮脂量をコントロールするなど状態を保つために役立ちます。これらの栄養を身体に吸収させるためにはミネラルが必要です。不足してしまうと上手く髪の毛を育てられずにAGAを発症しやすくなるともされている栄養素ですから、意識をして取り入れていきましょう。

AGAの改善や予防に効く食べ物の一例

20f4e1d5a374f2febf31e752567db86e_s

大豆

豆乳や豆腐、味噌、しょう油などなじみの深い食材が多いため、日本人であれば比較的食事から摂取しやすいたんぱく質が大豆です。髪の毛の生成源になるだけではなく、女性ホルモンに似た働きを期待できる大豆イソフラボンも取り入れることができます。

大豆イソフラボンは男性ホルモンと結びつくことでAGAを発症させる酵素の働きを抑制させる効果があるものです。取り入れやすい和食中心の食生活を心がけてください。

鶏肉

動物性たんぱく質を多く含んでいるのが鶏肉、特に胸肉になります。たんぱく質以外にもビタミンやミネラルが豊富で、ビタミンB6が毛母細胞の成長を促進する働きをします。カロリーが低いため比較的摂取をしやすい食材です。

ナッツ類

豊富な亜鉛を含んだアーモンドやピーナッツには脱毛を抑制する作用があり、また毛母細胞の細胞分裂を活性化することで発毛を促します。取りすぎは脂質過多になりますので気をつけなければなりませんが、間食に最適です。

海藻類

海藻類は豊富なミネラルが含まれており、髪の毛を生成する酵素の働きを助けることが可能です。ぬめり成分が保湿をし、血管を拡張して血行促進をさせることができるため、頭皮環境の改善ができます。

唐辛子

辛味成分であるカプサイシンには血行促進、代謝促進効果があり、イソフラボンと同時に摂取することで発毛を促すことが可能です。辛いものが得意でない場合にはサプリメントからの摂取もおすすめします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧