食べ過ぎとダイエットでハゲる!?食生活と薄毛の関係とは

MENU

CLOSE

食べ過ぎとダイエットでハゲる!?食生活と薄毛の関係とは

食べ過ぎでハゲる理由とは

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

頭皮の血行不良をまねく

髪の毛が健全な成長を遂げるためには、毛細血管を通る血液が頭皮の毛母細胞まで髪の毛の材料になる栄養分や酸素などを届ける必要があります。そのため、多くの育毛剤や育毛マッサージなどは、頭皮の血流を改善することで薄毛治療を行います。

AGAを発症して脱毛した頭皮の発毛を促す効果をもったミノキシジルなども、成長因子のVEGF(血管内皮増殖成分)の分泌を促して頭皮に血管を新生することで、髪の毛の健全な成長をサポートします。しかし、食事を摂り過ぎると血液中のコレステロールや中性脂肪が増加して血行が悪くなるため、髪の毛に十分な量の栄養分や酸素などが届けられない場合があります。

そして栄養不足の状態に陥った髪の毛がやせ細った状態になることが、薄毛や抜け毛の原因になります。特に脂肪分が多い高カロリーな食事を摂ることで血がドロドロの状態になりますが、脂質の種類によって髪の毛への影響が違います。

植物油などに含まれている不飽和脂肪酸には血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果があるため、適量の摂取なら逆に血行を改善する効果が得られます。そのため育毛シャンプーに配合されているなど、薄毛治療に利用される場合もあります。

しかし、肉類などの動物性脂質が含んでいる飽和脂肪酸は血をドロドロにする効果が強く、頭皮の血行不良をまねいて薄毛の原因になりやすい特徴を持つため注意が必要です。

頭皮で皮脂が過剰分泌される

食べ過ぎが原因で体内の脂質が増えすぎると、身体は余分な脂質を体外に排出しようとします。その際に頭皮で皮脂の分泌量が増加することで、皮脂が毛穴に詰まったり酸化して悪臭を放つなど、頭皮環境を悪化させる原因になります。毛穴に皮脂が詰まると髪の毛の成長が阻害されて丈夫な状態に育つことが出来ず、薄毛や抜け毛に繋がる場合があります。

た皮脂が酸化することで毛穴の炎症を引き起こし、それが薄毛や抜け毛の原因に繋がる場合もあります。そして毛穴に皮脂が詰まっていることで育毛剤や育毛シャンプーなどの有効成分が毛穴の奥まで届きにくいため、薄毛治療の効果が半減する原因になります。

その結果、病院やAGAクリニックなどへ通う期間が伸びることで、治療費用が高額になるなど、薄毛治療に悪影響を及ぼすと同時に経済的な負担にも繋がります。また、治療薬の効果が薄れることで治療薬の使用回数が増えることで、副作用を発症するリスクが高くなります。

ダイエットでハゲる理由とは

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

栄養不足

身体は栄養不足の状態に陥ると、内蔵などの生命維持に関わる重要な部分に優先して栄養分や酸素などを供給します。その際に髪の毛は重要だと判断されない部分なので、髪の毛への栄養供給が減らされます。その結果、正常な成長を遂げるために必要な栄養分が不足することで、髪の毛が簡単に抜けやすい細くて弱々しい状態になります。

頭皮の血行不良をまねく

ダイエットをすると食事によって得ていた水分の摂取量が減少します。そのためダイエットを行なう際にその分の水分を他で補給しないと、体内の水分量が減少して軽い脱水状態になります。その結果、血液がドロドロになることで体内の血行が悪化することが、薄毛や抜け毛を引き起こす原因になる場合があります。

そしてダイエットをすると、激しい空腹を我慢することで強いストレスが感じます。その影響で交感神経が活発になると、血管を収縮させる作用を持ったホルモンが大量に分泌されるために身体の血行が悪化して、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などが十分に供給されないことで薄毛や抜け毛を引き起こす場合があります。

ホルモンバランスが乱れる

ダイエットを行なうと、栄養バランスの偏りや空腹を我慢することのストレスなどが原因で、ホルモンバランスが乱れる場合があります。そして、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる男性ホルモンの過剰分泌が、最も多い薄毛原因であるAGA(男性型脱毛症)の発症に繋がる可能性があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧