育毛剤とAGA治療薬はどう違う?オリジナル発毛剤とも比較!

MENU

CLOSE

育毛剤とAGA治療薬はどう違う?オリジナル発毛剤とも比較!

育毛剤配合の成分は

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_s

抜け毛や薄毛が気になり始めた時に有効なのが育毛剤です。 植物由来の成分を配合する育毛剤が多く、髪の毛や頭皮にやさしいと言う特徴があります。

5αリダクターゼ抑制成分

AGA男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンと毛乳頭にある5αリダクターゼと結合して生成されるDHTが原因です。 DHTにより毛周期の成長期が短くなり、髪の毛の成長力が落ちていきます。 そこで育毛剤では5αリダクターゼ抑制成分を配合し、AGAにより薄毛が広がるのを防止しています。 5αリダクターゼ抑制成分にはオウゴンエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキス、ノコギリヤシエキスなどがあります。

血流改善成分

頭皮の血流が悪くなると毛乳頭や毛母細胞の働きが弱まり薄毛の原因になる事があります。 そこで育毛剤ではセンブリエキスやニンジンエキスなど血流改善成分も配合しています。

頭皮環境改善成分

テストステロンの分泌が増えると皮脂の分泌も多くなる事があります。 通常の量なら頭皮を乾燥から守ってくれます。 しかし皮脂が多過ぎると細菌が繁殖し、頭皮に炎症が起こり髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼす事がありました。 そこで育毛剤では炎症を抑制する成分や、皮脂の分泌を抑制する成分などで頭皮環境の改善を狙っています。 炎症を抑制する成分にはグリチルリチン酸ジカリウム、皮脂の分泌を抑制する成分にはダイズエキスやドクダミエキスなどがあります。

AGA治療薬の成分は

AGA治療薬にはフィナステリド、ミノキシジルなどの成分があります。 フィナステリドは5αリダクターゼ2型を抑制し、脱毛を予防する効果があります。 ミノキシジルは血流を改善し発毛を促す効果があります。

育毛剤とAGA治療薬の違いは

フィナステリドは育毛剤配合のオウゴンエキスやヒオウギエキスと似たような、ミノキシジルは育毛剤配合のセンブリエキスなどと似たような効き目を持っています。 しかし育毛剤は植物由来のため、フィナステリドやミノキシジルと比べると効き目がマイルドです。

フィナステリドやミノキシジルはアメリカ食品医薬品局FDAから承認を受けている医薬品のため効果が高くなっています。 多くの育毛剤で医薬部外品となっており、医薬品であるフィナステリドやミノキシジルと比べるとうたえる効果効能に制限が掛けられています。

入手方法の違い

育毛剤は街のドラッグストアやネット通販でも販売されており、手軽に入手する事が可能です。 フィナステリドの場合はドラッグストアでは販売されていないです。 病院またはクリニックに来院し医師から処方を受ける事が必要です。

個人輸入代行業者のサイトで購入はできますが、偽物を掴む可能性があります。 ミノキシジル発毛剤は街のドラッグストアでも入手が可能です。 第1類医薬品であるため薬剤師が居るドラッグストアで取り扱っています。

ネット通販でも購入する事が可能、フィナステリドより入手しやすいです。 ミノキシジルはクリニックで処方を受ける事も可能です。 フィナステリドとミノキシジルと併用すると単剤使用より副作用が出やすくなるため、最初からクリニックに来院したほうが安心です。

オリジナル発毛剤とは

AGAに対して専門的な治療を行うクリニックではオリジナル発毛剤の処方も行っています。 オリジナル発毛剤ではフィナステリドやミノキシジル、各種ビタミンやアミノ酸などを配合しています。 一人一人に合わせて量を調節できる、フィナステリドの単剤使用より効果が出やすい、発毛促進の期待度が高いなどのメリットがあります。 オリジナル発毛剤の処方を行うクリニックに来院しないと入手はできないです。

費用の比較

育毛剤やAGA治療薬よりオリジナル発毛剤のほうが期待度が高い分だけ費用も高いです。 通常価格1万円から1万5千円くらい掛かる育毛剤でも公式サイトで定期購入すると1か月あたり7000円から9000円くらいで続ける事が可能です。 フィナステリドは1か月あたり6000円から8000円くらい、ミノキシジル発毛剤はネット通販で1本1か月分7000円くらいです。 オリジナル発毛剤だと1万4千円から2万円くらいと高めです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧