薄毛はクリニックでどう「治療」するの?

MENU

CLOSE

薄毛はクリニックでどう「治療」するの?

AGAクリニックでの治療の柱は投薬治療

9f166c46518d23eb11ae971531015f3f_s

男性が薄毛の症状に悩む場合、その薄毛症状の原因の約90パーセント以上がAGAという男性ホルモンが原因となって発生する症状に起因していると言われています。このAGAという症状についてはAGAクリニックで専門的な治療を受けるのが最も効果的であるとされています。それでは実際にAGAクリニックではどのような治療が行われているのでしょうか。

AGAクリニックでの治療の柱になるのは投薬治療です。どのAGAクリニックを受診したとしてもこの投薬治療がAGA治療のベースになるというのは間違いありません。クリニックによってはより育毛効果を高めるために育毛剤をオーダーメイドで調合している場合もありますが、基本的はミノキシジルとフィナステリドという育毛剤が使われることになります。

ミノキシジルという育毛剤は市販の育毛剤にも配合されている育毛成分になりますが、AGAクリニックを受診することで処方してもらうことができるミノキシジルは市販のリキッドタイプのものとは違い、タブレットタイプのものになっています。ミノキシジルの育毛効果はタブレットタイプの方が圧倒的に高いと言われています。

したがって、AGAクリニックで処方されるミノキシジルタブレットの方が育毛効果は高くなります。しかし、タブレットタイプのものはリキッドタイプと比較して副作用も強くなるため、しっかりと医師の処方のもとに服用する必要があります。 また、ミノキシジルと併せて処方される育毛剤にはフィナステリドというものがあります。

このフィナステリドはAGA治療の肝になるといってもよいものです。なぜなら、このフィナステリドがAGAの原因になっている男性ホルモンの働きを抑える効果を持っているためです。AGAによる薄毛は男性ホルモンの働きを抑えてやらないと根本的には改善することができません。したがって、このフィナステリドという育毛剤はAGA治療においては極めて重要な役割を果たすことになります。

AGAクリニックで出来る投薬以外の治療法

9599f654181485e4e430c394bb30e7c8_s

また、AGAクリニックによっては上記であげた投薬治療以外の育毛治療を選択することもできます。このような治療法は投薬治療と比較すると費用がかかりますが、投薬治療よりも即効性が高いと言われています。 このような治療法の代表例として、育毛メソセラピーというものがあります。

この育毛メソセラピーというのは育毛に必要な成分を直接頭皮に注射するという形で供給してやるものになります。この育毛メソセラピーは直接頭皮に必要な成分を打ち込むだけあって、普通に育毛剤を利用するよりも即効性がある対策になります。

しかし、上記で挙げた投薬治療や育毛メソセラピーに関してはあくまでも髪の毛を生成する細胞が活動を停止していないということが効果を発揮するための条件になります。髪の毛を生成する細胞が活動を停止してしまっている場合にはいくら育毛成分を供給してやっても、髪の毛を生成することはできません。

このような場合に最終手段のような形で用いられるのが植毛手術になります。この植毛手術というのは文字通り髪の毛を直接頭皮に埋めこむという形の手術になります。薄毛症状に悩んでいる人でも側頭部や後頭部といった部分には髪の毛が残っているというケースがほとんどになります。

このような髪の毛が豊富に残っている部分から髪の毛を持ってきて頭頂部や生え際といったような薄毛症状が進行している部分に植えこんでやるのが植毛手術になります。 このように投薬以外の治療法もAGAクリニックでは選択できます。自分自身の薄毛の症状に合わせて適切な治療法を選択するようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧